奈良 燈花会 2011





奈良の燈花会へ。
写真は全て、Panasonic DMC GF1 + COSINA NOKTON 25mm F0.95




JRで奈良駅へ。
去年よりも何だか綺麗になってるような気がする奈良駅。

そのまま歩いて会場方面へ向かうはずが、あまりの暑さに即休憩。





ちょっとオシャレなカフェがあったので。
奈良もオシャレなお店がポツポツと増えてきましたね。
今回立ち寄ったのは三条通りのPINOCCHIOというお店。





シフォンケーキはまずまず。
コーヒーは香り高くて美味しかったそうです。
バナナジュースも美味しかった。




これがそのシフォンケーキ。
少し固かったかな。
もう少しふんわりしたのが好きですね。





オシャレな感じがする店ですが、かなり古いのかな。






今回は食事しませんでしたが、食事のメニューも色々あって美味しそう。
今度は食事もしてみよう。

しばらく休んで、会場の方へ。
といっても、かなり早い時間に到着したので色々見て回る事に。






奈良は京都と並んで外国人が多いですね。





興福寺のあたりを撮り歩いてると・・・
修復中の建物がかなり多いんですね。





日差しが厳しい日は、液晶がよく見えなくて画像の確認がしにくいですね。





1本の木にとまる、2匹の蝉。
この木は蝉だらけでした。





鹿せんべいを持ってないと、鹿には見向きもされません。






この日は熱中症になるんじゃないかってくらい暑かった。





奈良国立博物館の近辺。
皆同じ方向を向いてるのがちょっと面白い。




数種類のトンボが飛んでました。
これは赤とんぼ。赤とんぼって、こんなに赤かったっけ?
と思って調べてみると、僕が赤とんぼと思ってたのはアキアカネ。
アキアカネは朱色っぽい体色です。

この真っ赤なのはおそらくナツアカネの成熟した雄。
成熟すると真っ赤になるそう。




赤とんぼと言われてるトンボは色々あるそうで、赤っぽいのはすべて赤とんぼと俗に言われてるようです。




この鹿も暑いんでしょうねぇ。
全くここから動こうとしない。
この鹿がいる溝?(水路?)、水が凄く奇麗です。





アメンボや・・・




エビがいる。




さんざん虫を撮ったり、鹿を撮ったりした後、春日大社の方へ。
出店が出てますね。前は無かったような・・・
ここで軽く食べて。




春日大社の方へ。
シオカラトンボが。





春日大社では多くの人が列を作ってました。






一般の参拝と、少し奥まで入れる特別参拝に別れていて、特別参拝の方に列が。






長い列に並ぶのもなと思い、一般の方へ。





いくつかの局のカメラが来てました。
これはMBS。




NHKも来てましたね。
夕方のニュースで流れてるんでしょうね。




日も沈みかけ、そろそろ燈花会の灯がともる頃。
浮雲園地方面へ。




一面に広がるロウソクの明かり。




その後は浮見堂へ。




今回の燈花会・・・
去年より、大型の光のオブジェが減ってるような気がします。
足元のロウソクばかりで。





猿沢池方面へ戻って。




この辺で、もうかなり疲れ果ててました。
自販機で買ったジュースがぬるくて・・・
ダメージ食らいましたね。





お土産、何買ってるんでしょうね。




GF1のモノクロモードって、いい色合いに仕上げてくれます。
Lightroomでモノクロにするより好きかも。





でもやっぱり中判フィルムプリントのモノクロに比べると・・・
これがラチチュードの広さの違いなのか。






そんな事を想ってるときに、アンティークカメラたちに遭遇。
欲しいのはここには無いなぁ。





欲しいカメラが色々あって困ります。

One Response to “奈良 燈花会 2011”

  1. VAN writes:

    シカ、近づき放題だからいいよね^^
    何だか今年の燈花会は去年より規模感が・・・
    気のせいかな。

Leave a Reply

*